Angellir

angellir blog

【Angellir連載企画】おしゃれの引き算レッスン 第5回 アップデートし続ける

本当のおしゃれは「自分のベーシック×トレンド」のかけ算

「本当におしゃれな人というのは、自分のスタイルを信念を持って貫き、そのアップデートを怠らない人だと思います。その点、ファッション誌の最高峰であるアメリカ版Vogueとフランス版Vogueの女性編集長は実に見事です。毎シーズン毎シーズン、最先端のモードに触れ続けているにもかかわらず、スタイルがまったくぶれないのです。アメリカ版Vogueのアナ・ウィンターさんは、膝下丈のスカートしか履きません。フランス版Vogueのエマニュエル・アルトさんも、シックなブラックスキニーとジャケットがトレードマーク。少なくともオフィシャルの場では、常に一つのスタイルを貫いています。シーズンごとにトレンドをバランスよく取り入れながら、1つのスタイルをアップデートし続けているのです」
自分を美しく見せるスタイルはそうそうたくさんあるものではないことは、ここまでのLessonで理解できたはず。やっと見つけ出した最適なスタイルを、大事に大事にブラッシュアップし続ける。これぞ正しいおしゃれの努力!
「私もつねにトレンドはキャッチするようにしています。その時代のエネルギーや旬の気分が反映されているので、知っておくだけでも大きな意味があると感じています。ただし、追うものではなく、利用するというバランス感覚が大事。自分のスタイルにぴったりくるもののみ取り入れればOKなのです。なんでもかんでも取り入れていたらお金がいくらあっても足りないし、せっかく見つけたスタイルを見失うことにでもなったら本末転倒ですからね。お気に入りの定番コーディネートに、ZARAで売っているトレンド素材のバッグを合わせるだけでも十分。3000円程度の予算でも旬のエネルギーを取り込むことができてしまいます」

STEP 1 靴をクラスアップしてみる

「面積が小さく目立たないように思えますが、存在感はダントツ。シャツとデニムのベーシックな組み合わせでも、美しいポインテッドトゥが足元を飾るだけで、そのコーディネートは格段にクラスアップ! しかも靴のトレンドは、服ほどの目まぐるしさもなく、底張りや適切なお手入れをしていれば、何年もの間、旬のまま履き続けることができます」
理想のイメージに向かって、限られた予算でコツコツと“足し算”していく中、ピンとくる服がないなんてシーズンもあるかもしれません。そんな時は思い切って靴に全予算をつぎこんでみましょう。外反母趾のことを考えると履き心地も追求してほしいので、できれば靴専門ブランドで最低2万円はかける気概で。ピンとこない5000円の服を4着買うくらいなら、2万円の靴を1足買ったほうがよほど費用対効果が高いです。

STEP 2 アクセサリーは正しく適切に

「私は丸顔で、タートルネックはいわゆるNGアイテムですが、手持ちのロングネックレスをプラスして、服の上からVネックのラインを作ってしまいます。すると、Vネックを着ているようなすっきりしたバランスに整い、なんの問題もなく着こなすことができてしまいます。バッグやアクセサリーなどの服飾小物は、このようにコーディネートのバランスを調整するのに欠かせない存在なのです」。
さらに、服飾小物は質感のバランス調整にも一役買ってくれます。着心地はいいけれど艶やかさの足りないナチュラル素材のコーデにネックレスやリングで光をプラスしたり、シックだけど明るさの足りないダークカラーコーデに真っ白のバッグでヌケ感をプラスしたり。素敵だけどコンサバすぎるコーデに、スニーカーやビッグサイズのトートバッグを合わせて遊び心を効かせてみたり! このように、服を買い足さずとも“漠然と物足りない何か”をいとも簡単に補ってくれ、コーディネートの完成度をぐんと高める力を秘めています。もし、とりあえずある小物を毎日惰性で身につけているなら、即刻見直すべき。
「アクセサリーといえばデザインメガネにも注目です。メイクの厚塗りでどうにかしようとするよりもよっぽど顔を明るく見せ、知的なアクセントまで作ってくれます」

STEP 3 “永遠の定番”は幻の存在!? ベーシックアイテムも忘れずに更新を

白シャツやデニムのようなベーシックアイテムにも、ひっそりとトレンドがあります。知らない間にシャツの襟が小さくなっていたり、デニムの丈が短くなっていたり、Tシャツの後ろ身頃が長くなっていたり……。トレンドのスピードこそ緩やかですが、油断しているといつの間にかフォルムが古びているものです。「素敵だけどなんだか古くさい」という残念な仕上がりにならないためにも、ベーシックアイテムだからと言って、やたらと数を増やさないこと。品質のいいものを3年程度で着尽くすくらいのサイクルでちょうどよく、それ以降は、旬が過ぎていないことと確認しながら注意深くアップデートを続けましょう。

人はなぜおしゃれをする?

「これだけファッションに関する情報が溢れかえる時代にあっても、体型はもとより、そこに年齢というコンプレックスを付け加えながら、おしゃれ迷子のままもがき続きている大人の女性はとても多いようです。脚が太い、首が短い、お腹が出始めた……。私のセミナーでは『自分の身体の好きな所と嫌いな所をあげて下さい』というワークを必ずやっていただくのですが、大抵のかたは、嫌いなところはあっという間に10個ほど挙がってくるのに、好きな所は3つほど挙げたところで詰まってしまいます。中には『ひとつもありません』という方すらいらっしゃいました。たとえどんなスーパーモデルでも、欠点のない身体を持つ人などこの世にひとりもいません。逆に、長所が一つもない身体を持つ人もいません。おしゃれは、イマイチな部分を優しくフォローし、長所は魅力として強調し、結果として自分のことを大好きにさせてくれる力を持っています。だから、苦手意識を持ったり、ましてや翻弄されたりすることなく、ツールとして使いこなせる力量を身につけてほしいのです。
そのためにはどうするか。今回ご紹介したLesson1と同じに、実際の私のセミナーでも、まずは物置き状態のワードローブを粛々と“引き算”するところからカリキュラムがスタートします。そして、体型だけでなく、年齢で失った部分、逆に年齢で新しく得られる部分とも真正面から向き合い、自分のスタイルを見出し、具体的なコーディネートを構築してきます。楽しくショッピングをして終わり……とは決してならないかなりストイックな内容ですが、誰も脱落することなく、むしろ回を重ねるごとに心からの笑顔が増え、ある時点からするすると自分の力でおしゃれを楽しめるようになっていきます。そして、セミナーが終了する5か月後には別人に! 別人といっても単純な外見のことだけではありません。おしゃれという自分を磨く力を手に入れた自信と喜びに溢れ、内側からの輝きまで手に入れているのです。ある時は、一歩も家の外に出られないほどの鬱状態を患っていたとある女性が、勇気を出してセミナーに参加してくださいました。そんな彼女もまた、『女に生まれてよかったと思えるようになりました』と、人生をふたたび謳歌し始めています。私はファッションディレクターという仕事を通じて、現在進行形で、おしゃれの力がもたらすそんな奇跡の数々を目の当たりにし続けています。
別におしゃれが苦手なままでも人の価値は変わりません。では、なんのためにおしゃれをするのかというと、自分を喜ばせ、ハッピーにしてあげるため。その結果、自分の価値をほかでもない自分自身が実感できるようになっていくのです。ニューノーマル時代は、そんなおしゃれの“主語”を、他人、ましてや服などではなく、自分に取り戻すための千載一遇のきっかけになると確信しています。人生をどうにかしたい、人生を素敵に生き抜きたいという思いは、自覚があろうとなかろうと、誰もが持っているはず。そんな思いを埋もれさせることなく、“本当のおしゃれ”で人生を豊かに切り拓きましょう!」 

山際恵美子(やまぎわ・えみこ)
ファッション・ディレクター
ファッション雑誌「GINZA」(マガジンハウス)元編集長。フランス留学で習得したフランス語と英語の二か国語を活かし、ミラノ&パリコレクションを10年以上最前線で取材。書籍編集部では、「断捨離」をはじめ、ファッション、美容、医療、料理、ライフスタイルなど幅広い書籍をプロデュース。マガジンハウス退社後、2017年よりフリーランスのファッション・ディレクターとして活動を始める。40歳以上の女性を対象とした各種ファッションセミナーの中でも、5か月かけてオリジナルの山際メソッドを習得していく「大人のファッション・実践コース」は、受講者の間で別名「5か月で別人になるコース」と呼ばれるほど高い評価を博す。そのスピンオフ、月1回のオンラインサロン「GO ASK EMIKO!」も、「ファッション誌より勉強になる!」と続々フォロワーを増やしている。初の著書『服を捨てたらおしゃれがこんなに「カンタン」に』(2018年刊)は、発売直後からAmazonランキングファッション部門1位に。

山際恵美子オフィシャルサイトhttp://yamagiwa-emiko.jp/
山際恵美子オフィシャルブログhttps://ameblo.jp/yamagiwa-emiko/
Instagram @YAMAGIWA_EMIKO

イラスト/和全 取材・文/藤城朋子

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

back to index
ページの先頭へ戻る