Angellir

angellir blog

バスト 下垂 原因

バストが下垂する原因とは?防止策もご紹介!

最終更新日:2022年8月15日 | 公開日:2022年8月8日

バストが下垂する原因は、意外なところにあります。
バストが下垂する原因は…
・クーパー靭帯への負担
・女性ホルモンの減少
・着け心地が楽なブラの着用
・姿勢の悪さ
普段何気なく行っている生活習慣も、老け胸を加速させています。
今回は防止策もご紹介します。

バストが下垂する原因

女性 疑問

クーパー靭帯への負担

バストが下垂する原因の一つめは、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりしてしまうことです。普段の生活やスポーツなどによってバストが揺れ、クーパー靭帯に負担がかかっているのです。また、重力によって年々バストが下垂してしまうため、加齢もバストの下垂の原因の一つと言えます。

女性ホルモンの減少

バストが下垂する原因に、女性ホルモンの減少も考えられるでしょう。女性ホルモンは、バストのハリを保つのに重要な役割を果たしています。この女性ホルモンは、25歳をピークにして減少していくものですが、生活習慣やストレスによっても大幅に減少するため、仕事や恋愛などのストレスでバストが小さくなったと感じている女性も多いようです。

着け心地が楽なブラの着用

バストが下垂する原因に、着け心地の楽なブラの着用も考えられます。たとえばカップ付きキャミソールなどの下着は、バストを高い位置でキープできないだけでなく、揺れを抑制できないため、クーパー靭帯に負担がかかってしまいます。そもそも、バストはほとんどが脂肪でできており、流れやすい性質を持っています。そのため、バストの形に合っていないブラや、サポート力が不十分なブラを着用しているとバストを支えることができず、下垂してしまうというわけです。

姿勢の悪さ

そして、意外にも姿勢の悪さもバストを下垂させてしまう原因の一つと考えられています。長時間のパソコンやスマートフォンの操作で姿勢が悪くなっている現代人は、大胸筋の筋力が弱まっている傾向にあると言えます。この大胸筋とは、胸の土台である筋肉です。大胸筋は本格的なトレーニングをしていなくても、普段意識して胸を張ったり良い姿勢を保つことでキープできる部位と言われています。現代人の生活習慣が、姿勢の悪さを引き起こし、大胸筋の筋力を弱めてしまっているのです。

バストの下垂を防ぐポイント

女性 ポイント

 

㌽1「バストの揺れを抑える」

㌽2「大胸筋を鍛える」

バストが下垂する原因が分かったところで、バストの下垂を防ぐポイントも見ておきましょう。
バストの下垂を防ぐポイントは、シーンに合ったブラの着用をこころがけバストの揺れを抑制し「クーパー靭帯」が切れたり伸びたりするのを防ぐことです。そのためには、スポーツ時にはバストをしっかりと固定できるスポーツブラ。就寝時には寝返りなどによってバストにかかる負担を軽減させるためにナイトブラの着用がおすすめです。
また、それと同時に胸の土台である大胸筋を意識したエクササイズを行うことも重要となります。

まとめ

バストが下垂する原因はさまざまですが、ちょっとしたポイントを押さえることで防止することも可能です。理想のバストをキープするためにも、日ごろから意識してみてはいかがでしょうか。

360°美しいボディラインを叶える、ノンワイヤーブラ

360°デイリーブラ

○”ダブルフロントホック”で究極までバストを寄せられちゃう
○特許取得の”脇スッキリ構造”でバストを逃さない補正力
○フロントホックなので背中もスッキリ♪

360°デイリーブラの詳細はこちら

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る