Angellir

angellir blog

fit me リラクシーブラ チャコールグレー

ブラを着けていると暑い!涼しい下着の選び方とは?

ブラを着けていると暑い、不快と感じるときもあると思います。 そのようなときには、ブラの素材やデザインを変えると暑いときでも快適に過ごすことができます。 気温が上昇する時期には、補整力のあるブラも大切ですが、不快感を我慢するのではなく、気候に合わせてメッシュ素材や吸収速乾、装飾が少ないシンプルなデザインを選び不快感を軽減させることも大切です。

1. 暑い、汗、蒸れなどの不快感の対策は?

1-1.暑さや蒸れ

気温の上昇で体温が上がるとブラの中に熱がこもり、蒸れの原因となります。メッシュ素材やカップに穴が開いたタイプのブラを選ぶと、こもった熱を逃がしてくれるので暑さや蒸れを軽減してくれます。

1-2.汗とべたつき

ブラの中が汗だくになってしまうと肌がべたつきます。このような場合は吸収速乾タイプの生地や綿素材のブラを選びましょう。また、接触冷感タイプの生地なら汗をかいても涼しく過ごせます。

1-3. 締め付けられて息苦しい

暑いうえに締め付けられて苦しいのは、いつも以上にとても不快に感じます。軽いフィット感のノンワイヤータイプならば締め付け感がなくなり快適に過ごせます。

1-4. ブラのラインが見える、透ける

華やかなレースや飾りはかわいいので気分も上がるのですが、アウターにひびいてしまうことや、透けてしまうのが難点です。縫い目のないモールドカップブラに変えるとアウターに響くことなく、薄着でも美しいラインを作ることができます。

1-5. 肌荒れや痒み

化学繊維のブラですと痒みや肌荒れを起こしやすくなります。特に敏感肌の方は、刺激の少なく肌に優しい綿素材やシームレスタイプのものを選ぶといいでしょう。

1-6. ブラや谷間のチラ見え

薄着になる季節は前かがみになったときにブラや谷間がチラ見えしてしまいがちです。チューブトップタイプのブラや、ブラに取り付けができる谷間カバーなどでチラ見えを防ぎましょう。

2. ブラが暑いと感じるときにはブラも季節に合わせて

アウターでも夏服、冬服があるようにブラが暑いと感じるときには気温に合わせて、素材やデザインなどを変えることが大切です。通気性の良い素材や綿素材、ブラキャミやカップの出し入れが可能な綿素材のタンクトップ、汗でかぶれないようにできるだけ装飾が少ないシンプルなデザインのものなど、暑さ対策ができるブラを身につけましょう。

3. バスト周りの汗対策も効果的

暑さ対策のためのブラに変えてもバスト周りに汗が流れてきてしまうこともあります。そのような場合、ブラとバストの間にガーゼのハンカチや薄いタオルを挟む、ベビーパウダーをはたくなどのひと手間をかけてバスト周りの汗対策もしましょう。また、汗をたくさんかく方はタンクトップを先に着てその上からブラをするという技もあるようです。

4. まとめ

気温が上昇して暑くなる時期には補整力のあるブラも大切ですが、不快感を我慢するのではなく、気候に合わせて自分に合う素材やデザインを選ぶことも大切です。ブラも衣替えをして快適に過ごしましょう。

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る