Angellir

angellir blog

ナイトブラは夜だけのもの?昼間につけるデメリットとは

ナイトブラと昼用ブラの違いとは

考える女性

ナイトブラはリラックスできて着心地がいい

ナイトブラは伸縮性がある生地が使われ、体に負担をかけにくいような構造になっているものが多いです。
肌に縫い目が当たらないように縫い目を作らない造りになっていたり、
頭からかぶるデザインでホックなどの金具がないものもあります。
こうした細かい部分にも配慮されているのでつけ心地もよくなっています。

ナイトブラは昼用のブラと役割が違う

ナイトブラは夜だけのブラなので、寝ている間にバストが重力の影響を受けてつぶれたり脇や背中に流れてしまわないように防ぐための構造になっています。
これに対して昼用のブラの場合は体を起こしている状態のときにかかる重力の影響を少しでも軽くするような構造になっていてバストが下方向へ垂れるのを防ぎます。

このように役割が違うため、特性に合った使い方をすることが重要となってくるのです。

ナイトブラを夜だけでなく日中にもつけて過ごすと?

ナイトブラは、日中につけていてもその効果はあまり期待できません。
それだけでなく、デメリットが生じる可能性もあります。。。

その理由についてみていきましょう。

ナイトブラのアンダーベルトの締め付けが弱い

ナイトブラは、寝るときにリラックスできるように締め付けが弱めになっています。

アンダーベルト部分の位置は、体の中でも大切な働きを持つ臓器がある場所なので、長時間無理に強い締め付けがあると内臓にも負担がかかるため、多少ゆとりを持たせてつくられているものが一般的です。

 

しかし日中は歩いたり体をたくさん動かすシーンが多く、バストは常に下からの重力を受けています。

そのため、日中はきちんとバストを支えてくれるデイリー使いのブラを着けましょう。

洋服に響いてしまうことも…

ナイトブラはあくまで就寝時を想定して作られています。

デザイン的にもかさばってしまうようなものは洋服に響いてしまいかねないため、ナイトブラを日中に着用することはやはり避けるべきでしょう。

ナイトブラはやっぱり夜だけ?日中でも使えるものはある?

ナイトブラはその名の通り夜だけのブラなのですが、ものによっては日中も使えるものがあります。
アンダーベルト部分がしっかりしているものや、説明欄に「24時間使える」「日中OK」「スポーツブラとしても」などと書かれているものであれば一日中使うことができます。

具体的なポイントについてみていきましょう!

ホールド感のあるもの

日中の体の動きからバストを守ってくれるホールド感のあるものを選びましょう。

バストを包み込んでくれるものであれば、クーパー靭帯が伸びたり切れてしまったりすることを防いでくれます。

また、バストにかかる重力に対して、下からしっかり支えてくれるものを選ぶとよいでしょう。

バストトップが透けないもの

ナイトブラの中には、パッドが入っていないものもあります。

その場合、バストトップが透けてしまうということにもなりかねないため、着用時にはパットがきちんと入っているものかどうかを確認しましょう。

ふんわりルームブラ make me happy

まとめ

つけ心地の良いナイトブラは日中にもつけていたいと思いますが、
昼用のブラとしてつけていると、バストにダメージを与えてしまう可能性もあるので、用途に応じて変えることで、より良いバストケアに繋がります。
ナイトブラは夜だけのブラですが、どうしても日中にもつけていたいのであれば、
昼用としても使えるナイトブラもあるのでそちらを使うようにしましょう。

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る