Angellir

angellir blog

女性 2人 疑問

Dカップの見た目はどれくらい?大きいの?小さいの?

最終更新日:2023年4月25日 | 公開日:2022年5月19日

Dカップの見た目は、大小どちらなのでしょうか?
Dカップの見た目は、日本人女性のバストの割合はb~cが多いということもあり、平均よりも大きいサイズと言えます。
また、その重さはグレープフルーツ2個分の約758gにたとえられることもあります。

女性にとっての理想のバストサイズは?

理想 バスト

Dカップは、女性にとって「一番理想的なサイズ」と言われています。女性らしいボディラインが女性にとって最も憧れられるサイズなのです。

【Dカップの見た目はどれくらい?大きいの?小さいの?】定義は?

Dカップの見た目は大きいのでしょうか?それとも小さいのでしょうか?そもそもDカップの定義は、トップバストとアンダーバストの差が16.5cm~18.5cmです。
例えば、アンダーバストサイズが80㎝でトップバストのサイズが98㎝の場合、その差は18㎝であるため、バストサイズがDカップということになりますね。
日本人女性のカップ数は、bからcの割合が多いため、Dカップは平均値よりも大きいため、見た目も大きく感じる方も多いでしょう。

【Dカップの見た目はどれくらい?】重さは?

バスト 大きい 垂れる

Dカップの見た目が、平均よりも大きめということが分かりましたが、実際どれくらいの重みがあるのでしょうか。Dカップの片胸の重さは約380g、両胸合わせると約758gです。食材にたとえると、グレープフルーツ2個分くらいと言われています。ただし、全てのDカップ女性が同じ重さとは限りません。

同じDカップでも見た目の大きさや重さは違う!?

同じDカップであっても、アンダーバストの大きさによって見た目の印象はだいぶ変わってきます。ここからは、アンダー65㎝・70㎝・75㎝のDカップの重さや見た目についてそれぞれ見ていきましょう。

【同じDカップでも見た目の大きさや重さは違う!?】アンダー65㎝

アンダー65というサイズは、実際のアンダーバストサイズが62.5cm~67.5cmの方を指します。dカップの定義からするとトップバストのサイズは+16.5cm~18.5cmである81.5cm~83.5cmとなります。このアンダー65は、日本人のアンダーバストサイズの平均である73cmよりも小さいため、同じDカップでも見た目が小さく見えてしまうことが多く、そのためバストの重さも平均値よりも軽いケースが多いです。 

【同じDカップでも見た目の大きさや重さは違う!?】アンダー70㎝

アンダー70というサイズは、実際のアンダーバストサイズが67.5cm~72.5cmの方を指します。アンダー65同様、日本人のアンダーバストサイズの平均である73cmよりも小さいため、標準よりも少し小さめのサイズといった感じです。つまり、アンダーが70㎝以下であれば、Dカップであってもその見た目は小さく見える場合が多いということです。

【同じDカップでも見た目の大きさや重さは違う!?】アンダー75㎝

アンダー75というサイズは、実際のアンダーバストサイズが72.5cm~77.5cmの方を指します。これは、日本人女性の平均値に近いため、このDカップの場合には、他の人からも「Dカップくらいありそう!」と予測できるくらいの見た目であることが多いです。

Dカップ女性の あるあるの悩みとは?

お悩み 口コミ

肩がこる

Dカップの方の多くは、「肩こり」に悩んでいるのではないでしょうか。先程もお伝えした通り、Dカップのバストの重さは両胸で約750g程度。首からグレープフルーツを下げて生活しているのと同様の重みがあります。バストを支えているのは大胸筋といった胸周りの筋肉だけでなく首から肩、背中にかけての筋肉です。また、バストの重さによって、これらの筋肉が常に引っ張られ猫背にもなりやすいため、Dカップの方は姿勢にも気を付けなければいけません。

胸が垂れやすい

Dカップのバストの重量は、およそ750gと重いため、それ以下のバストサイズよりも垂れやすい傾向にあります。そのため、Dカップのサイズと形をキープするためにもホールド力のあるブラを選ぶことをおすすめします。また、ブラでしっかりとバストを支えることで、肩こり防止にもつながります。

走ると胸が揺れて痛い

Dカップほどのバストサイズともなると、ジョギングやスポーツなど身体を動かすときにバストの揺れが気になるものです。人によってはバストが揺れるたびに引き起こされる衝撃で痛みを感じることも。そのため、身体を動かす際には通常のブラではなく、バストの揺れを抑えてくれる「スポーツブラ」の使用をおすすめします。また、バストが激しく揺れてしまうと、バストを支えているクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうため、より一層バストが下垂してしまう原因となってしまいます。

可愛いデザインのブラが少ない

Dカップ用のブラはb・cカップ向けのブラよりもデザインのバリエーションが少ない傾向にあります。それは、日本人女性の中で多いバストサイズがb・cカップだからです。また、デザインのバリエーションが少ないだけでなく、同じデザインや色であっても価格が高いということもあります。

Tシャツが似合わない

TシャツといったシンプルなデザインのトップスをDカップの女性が着用しても、「バストが強調されてスタイリッシュにキマらない」といった声もあります。特にバスト部分に柄のあるものは、文字や模様が伸びてしまいキレイに見えないというお悩みも。ただ、「バストが大きい=Tシャツは似合わない」ということはありません。Tシャツなどのシンプルな服装の際には、バストの高さを抑えてボリュームを分散させてくれるタイプのブラを選んですっきりとした見た目を演出しましょう。

まとめ

Dカップは、アンダーのサイズによって、大きさや重さは異なるため、見た目だけで判断する事は出来ません。それぞれ違うという事だけ覚えておきましょう。

肌もお手入れもストレスフリーなナイトブラ

ふんわりルームブラヘムフィット

ナイトブラ

○ノンワイヤー&通気性にも特化した”伸縮生地”でストレスフリー
○ダブルホックでバストを逃さない補正力
○キュートなデザインなのに洗濯機OK! お手入れ簡単♪

ふんわりルームブラヘムフィットの詳細はこちら

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計400万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

3,960円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,180円(税込)

凛とルームブラ

5,940円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラヘムフィット

3,960円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る