Angellir

angellir blog

ノンワイヤーブラ 仰向け 女性

ノンワイヤーブラは胸が垂れるの?原因は他にあった!

「ノンワイヤーブラ=胸が垂れる」というイメージはありませんか?
実はノンワイヤーブラで胸が垂れるのではなく原因は他にあるんです。
・揺れ
・筋力の衰え
・生活習慣
・妊娠や出産
今回は、バストが下垂する様々な理由について解説していきます。

ノンワイヤーブラで胸が垂れるの?

「ノンワイヤーブラ=胸が垂れる」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。確かに、バストを支えるためには、ワイヤー入りのブラの方が優れていると言えます。しかし、近年ではカップや素材の進化により、ノンワイヤーブラでもバストや谷間を美しくキープできるものもたくさん販売されています。
ノンワイヤーブラは、着け心地が楽で昨今 注目度がアップしているアイテムです。ただ、まだまだノンワイヤーブラの良さが伝わらず小さいバストの方も大きいバストの方も、ノンワイヤーブラを着けていると「胸が垂れるのでは…?」と心配していてなかなか使えないという方も多いようなんです。
しかし、ノンワイヤーブラで胸が垂れるのではなく、原因と考えられていることは他にあるのです。

【ノンワイヤーブラが原因ではない】胸が垂れる理由は?

スポーツ ブラ 女性

▪バストの揺れや重力
▪筋力の衰え
▪生活習慣
▪妊娠や出産
▪サイズの合わないブラの使用

バストの揺れや重力

激しいスポーツや重力によりバストが上下に揺れる際に、その衝撃がバストを支えるクーパー靭帯にダメ-ジを与えることで垂れると考えられます。

筋力の衰え

バストを正しい位置でキープするための筋力が、年齢とともに衰えることによって次第にバストが垂れると考えられます。

生活習慣

昨今増加したおうち時間をノーブラで過ごしていると、重力によってバストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまい、胸が垂れる原因になります。

妊娠や出産

一般的に妊娠や出産をすると、一時的にバストが大きくなります。その際、適切な対応をしていないとクーパー靭帯が大きくなったバストの重みに耐えきれず伸びてしまうことが垂れる原因につながります。

サイズの合わないブラの使用

変形して、形が崩れてしまったブラやサイズの合わないブラを使用しているとバストに負担がかかってしまい胸が垂れる原因になります。

まとめ

ノンワイヤーブラで胸が垂れるのではなく、理由は他にあることが分かりましたね。心当たりがあった方は要注意です。そのままにしておくと、どんどんバストが下垂してしまう可能性があります。正しい情報を得て、自分のサイズに合ったノンワイヤーブラを着けていれば、バストが垂れる可能性は少ないと言えます。

ただ、どうしてもノンワイヤーブラを着けることで、胸が垂れるのが気になる…という方は、仕事や外出するような日にはワイヤー入りブラでバストや姿勢を整えて、ゆっくり過ごしたい日やおうち時間、休日にはノンワイヤーブラを使うなど、ライフスタイルに合わせて上手に併用していくことをおすすめします。

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る