Angellir

angellir blog

ピンク ランジェリー

「ブラの手洗いは面倒くさい?」洗濯機で洗うと どうなるの?

ブラの手洗いが面倒くさいと感じている方は多いのではないでしょうか。

ただ、ブラの手洗いが 面倒くさい からと言って洗濯機で洗い続けると次のような支障をきたすことも…

・ブラの生地が劣化する

・ブラのワイヤーが ゆがむ

・ワイヤーがブラの生地から飛び出す

・レースや装飾品が傷む

デリケートな下着類の洗濯をラクにするコツを知って、あなたも大切なブラを長持ちさせましょう。

「ブラの手洗いは面倒くさい」洗濯機で洗うとどうなるの?

考える女性

ブラの手洗いは面倒くさいですが、デリケートな衣類であるため手洗いが推奨されています。

でも、ブラを手洗いするのが面倒くさいからと言って洗濯機で洗い続けた場合、どのようになってしまうのでしょうか。

ブラの生地が劣化する

ブラを洗濯する際、洗濯機を使用すると他の衣類との摩擦や脱水時の遠心力によって生地を劣化させてしまうことに。

ブラを長持ちさせたいなら、手洗いがおすすめです。

ブラのワイヤーが ゆがむ

バストを支えてくれるワイヤーがゆがむだけでなく、お肉が脇や背中に流れてしまうのを防いでくれるサイドボーンも ゆがんでしまいます。

ワイヤーがブラの生地から飛び出す

ブラのワイヤーが飛び出して、お肌に傷がついた という経験をされたことはありませんか?ブラを洗濯機で洗い続けていると、ワイヤーが生地の外に飛び出してしまうこともあります。

レースや装飾品が傷む

ワイヤーが入っていないノンワイヤータイプのブラなら、ワイヤーのゆがみも生じないから洗濯機で洗っても大丈夫なのでは?と思う方も多いかと思いますが、例えば、レースやビジュー、リボンなどの装飾品が付いている場合には、他の衣類との摩擦によって ほつれやパーツが外れるなんてことも…

お気に入りのブラが傷んでしまうのは残念なことですよね。

「ブラの手洗いは面倒くさい」ラクにするコツは?

ブラを選ぶ女性

ブラの手洗いは面倒くさいですが、やっぱり手洗いがおすすめです!

ブラやショーツを洗濯する際には、デリケートな衣類用に作られた専用の洗剤を使うのがおすすめです。

一般的な衣類洗剤の多くは、「弱アルカリ性」の成分で洗浄力が強く、デリケートな衣類用洗剤は「中性」や「弱酸性」の成分であるため生地だけでなく肌にも優しいと言われています。

専用洗剤は、つけ置き洗いで汚れが十分に落とせるため、ブラの生地をこすって傷めることも ほとんどありません。また、ブラなどの衣類の手洗いも想定されているため、泡切れが良く何度もすすぎ洗いをしなくても済むため、面倒くさいと感じる事が少なくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブラの手洗いは面倒くさいですが、専用の洗剤を使うことで簡単に洗濯することができるのですね。

お気に入りのブラを長持ちさせるためにも、ぜひ実践してみる事をおすすめします。

back to index
ページの先頭へ戻る