Angellir

angellir blog

ブラ 収納

ブラの型崩れを防ぐ収納方法とは?

ブラは繊細に作られているため、丁寧に収納する事が大切です。ブラの型崩れを防ぐ収納のポイントは、

・立体的な形をキープする

・ギュウギュウに詰め込まない

こと!また、たたむ際にはカップの中に肩紐やサイドを入れましょう。それから 仕切った引き出しなどに「立てて重ねて」しまうようにすると見た目もGOOD!湿気がたまりやすい水回りでの保管は避けましょう。

ブラの型崩れ防止 収納のポイント

部屋で寝転ぶ女性

ブラの型崩れを防止するための収納のポイントは、「立体的な形をキープする」こと、「ギュウギュウに詰め込まないこと」です。

ポイント①立体的な形をキープする

ブラの型崩れを防止するための収納方法は、「形を保つ」ことが1つ目のカギになります。

ブラは洗濯の後、しっかりと乾かすことでシワができにくくなり変色やカビの発生を抑えることができます。しっかりと乾かしたブラをカップの形が崩れないように整えて収納しましょう。

ポイント②ギュウギュウに詰め込まない

ブラの型崩れを防止するための収納方法 2つ目のカギは、「布地が傷まないようにする」こと。ブラを所狭しとギュウギュウに詰め込んで収納してしまうと、カップの型崩れが起こるだけでなく、布地を傷める原因にもつながります。

ブラのたたみ方

ブラ たたみ方

  • ①ブラのカップを下向きにして、水平なところに広げる
  • ②ブラのホックは一番内側で留める

※ブラを収納する際に、フック部分が他のブラに引っかかって傷めることがあるため。フロントホックのブラも、しっかりとフックを留めましょう。

③ ブラの肩紐とサイド部分カップの内側にいれる

※このとき、強く押し込んでカップをつぶさないように気を付けましょう。

ブラの正しい収納方法

ブラの正しい収納方法は、『両カップを開いた状態で立てて重ねて収納する』のが正解です!

ブラのカップをつぶさないよう、同じ向きで優しく重ねて収納してください。この時、ギュウギュウに詰め込むことでブラのカップやワイヤー部分が変形するのを避けるためにも詰め込まず、余裕をもって立てて収納する事が大切です。

ブラを立てて収納する事で、取り出しやすく その日の気分によって選ぶ楽しさもアップするでしょう。

ここで、ブラを収納する場所ですが、お風呂や洗面所などの水回りは湿気が溜まりやすいため避けましょう。どうしても、「ブラをお風呂上りに着けたい」という方は、ふた付きの収納ボックスを使うことをお勧めします。

ブラの収納方法 まとめ

ブラの収納についてのおさらい

・ブラの立体的な形をキープするためには、両カップを開いた状態で立てて重ねて収納する

・ギュウギュウに詰め込まず、余裕を持たせる

・水回りでの保管は極力避ける

back to index
ページの先頭へ戻る