Angellir

angellir blog

ブラ 収納

ブラの収納について!型崩れを防ぐ方法とは?

最終更新日:2022年6月24日 | 公開日:2021年12月20日

ブラ収納のポイントをご存知でしょうか?
ブラ収納のポイントは…
・立体的な形をキープする
・ギュウギュウに詰め込まない
・定期的に確認する
繊細に作られているアイテムだからこそ、丁寧に扱いたいですね。
今回は、正しいたたみ方についてもご紹介します。

ブラの型崩れ防止 収納のポイント

部屋で寝転ぶ女性

~ブラの型崩れを防止するための収納のポイント~
①収納前にきちんと乾燥させる
②干す際も油断禁物!
③立体的な形をキープする
④ギュウギュウに詰め込まない
⑤収納前後も定期的に確認する

ポイント①収納前にきちんと乾燥させる

ブラがきちんと乾ききらないうちに収納した場合、カビの繁殖やシワ、変色の原因となり、ブラの寿命が短くなってしまいます。
パッド入りのブラであれば、パッドも取り外して干すようにしましょう。

ポイント②干す際も油断禁物!

ブラを丁寧に収納していても、干す際に油断しては台無しになってしまいます。
ブラは真ん中で折り、ハンガーの下部分に掛けて干す、または伸縮性のある素材が使われていないカップの下部をピンチで挟んで干す方法がおすすめです。

ポイント③立体的な形をキープする

ブラの型崩れを防止するための収納方法は、「形を保つ」ことがカギになります。ブラは洗濯の後、しっかりと乾かすことでシワができにくくなり変色やカビの発生を抑えることができます。しっかりと乾かしたブラをカップの形が崩れないように整えて収納しましょう。

ポイント④ギュウギュウに詰め込まない

ブラの型崩れを防止するための収納方法 で大切なことは、「布地が傷まないようにする」こと。ブラを所狭しとギュウギュウに詰め込んで収納してしまうと、カップの型崩れが起こるだけでなく、布地を傷める原因にもつながります。

ポイント⑤収納前後も定期的に確認する

ブラを収納する前に、カップやワイヤーが変形していないかなどをチェックしておきましょう。また、収納後においても、使用頻度の低いブラは以下のようなポイントを定期的に確認することも大切です。
・生地は傷んでいませんか?
・虫食いはありませんか?
・ホコリは付いていませんか?
・カビが繁殖していませんか?

ブラ収納にこだわると どんなメリットがあるの?

GOOD ひらめき

型崩れやカップ・ワイヤーの変形を防ぐ

ブラはとても繊細なアイテムです。収納にこだわらず、タンスに無理に詰め込んだり、小さくたたんで収納してしまうと、型崩れするだけでなくカップやワイヤーの変形につながってしまいます。
ブラをきちんと収納することで、ブラ本来が持つ機能を発揮することが可能になります。

ブラの劣化を防ぐことができる

ブラは、肌に直接触れるもの。そのため、汗や皮脂が付着しやすくなっています。汚れをしっかりと落とし、きちんと乾燥させ、正しく収納することが、カビの繁殖や虫食い、変色などを防ぐことへとつながります。

ブラがキレイに収納されると出し入れも楽!

ブラ収納を意識することによって、見た目がキレイになるだけでなく、出し入れ自体も楽になるというメリットがあります。また、収納スペースを最小限に抑えることにもつながります。 ブラの詰め込み過ぎた収納は、ブラの型崩れを引き起こすだけでなく、取り出しにくくもなるため、タンスにゆとりを持たせた収納方法を心がけましょう。

ブラのたたみ方

ブラ たたみ方

①ブラのカップを下向きにして、水平なところに広げる

②ブラのホックは一番内側で留める
※ブラを収納する際に、ホック部分が他のブラに引っかかって傷めることがあるため。フロントホックのブラも、しっかりとホックを留めましょう。

③ ブラの肩紐とサイド部分カップの内側にいれる
※このとき、強く押し込んでカップをつぶさないように気を付けましょう。

ノンワイヤーブラのたたみ方は?

ノンワイヤーブラは、通常のブラほど気にしなくても大丈夫ですが、カップの型崩れには注意が必要です。

①ブラを裏返し、ホックを全て留める
②ブラの真ん中から半分に折る
③一方のカップにもう一方のカップとストラップ・サイドベルトを入れる
④片方のカップを押し込んで小さくし、形を整えてから収納する

※ナイトブラ やスポーツブラなど、パッドなしのブラやノンワイヤーブラは、四つ折りに小さくたたんで収納してもOKです。

ブラの正しい収納方法

ブラ 収納

ブラの正しい収納方法は、『両カップを開いた状態で立てて重ねて収納する』のが正解です!ブラのカップをつぶさないよう、同じ向きで優しく重ねて収納してください。この時、ギュウギュウに詰め込むことでブラのカップやワイヤー部分が変形するのを避けるためにも詰め込まず、余裕をもって立てて収納する事が大切です。ブラを立てて収納する事で、取り出しやすく その日の気分によって選ぶ楽しさもアップするでしょう。
ここで、ブラを収納する場所ですが、お風呂や洗面所などの水回りは湿気が溜まりやすいため避けましょう。どうしても、「ブラをお風呂上りに着けたい」という方は、ふた付きの収納ボックスを使うことをお勧めします。

まとめ

ブラの収納についてのおさらい

・ブラの立体的な形をキープするためには、両カップを開いた状態で立てて重ねて収納する

・ギュウギュウに詰め込まず、余裕を持たせる

・水回りでの保管は極力避ける

この機会に、あなたもブラ収納を見直してみてくださいね。

自然な丸みでワンランク上の美胸に。透け感レースでヌーディーに色っぽく。

form me ドットチュールブラ

○極まるみ胸が生まれるU字ワイヤー
○涙型パッドでコンディションに合わせて調整できる
○女度上がるマカロニストラップ

form me ドットチュールブラの詳細はこちら

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る