Angellir

angellir blog

ナイトブラを敏感肌の人が選ぶ際のポイントとは?

最終更新日:2023年12月20日 | 公開日:2023年1月21日

ナイトブラを敏感肌の方が選ぶ際のポイントをご存知でしょうか?
ナイトブラを敏感肌の方が選ぶ際には…
・肌に優しい綿100%のものを選ぶ
・立体編みやメーカー独自の編み方、縫製をせず接着しているものを選ぶ
このほか、清潔さを保つことも重要になります。

ナイトブラを敏感肌の方が選ぶ際のポイント

ポイント 女性

肌に優しい綿100%のものを選ぶ

ナイトブラを敏感肌の方が選ぶ際に、最も重要なポイントは、肌に優しい素材のものを選ぶことです。

そこでおすすめなのが、綿100%素材のナイトブラ。その特徴は、とにかく肌触りがよく通気性や吸水性に優れているという点です。寝ている間にかく汗をすぐに吸収し速乾性もあるため、さらっとしてくれます。汗をかきやすいという方にもピッタリな素材です。さらに綿は天然素材なので静電気などが発生しにくい、熱伝導率が低く寒い季節でも体温を奪いにくいという特徴もあります。このほか、綿は丈夫な素材ということもあり、洗濯がしやすいというメリットも♪型崩れしにくいので、手洗いでなく洗濯機での洗濯が可能なブラも多いです!

バストや肌に触れる部分だけ綿素材でも◎

ナイトブラは、バストや肌に直接触れる部分だけ綿素材であるというのもおすすめ。

ナイトブラは、肌に優しい綿100%のものがおすすめとお伝えしましたが、ナイトブラの中には、肌に直接触れる部分だけ綿素材になっているものもあります。綿素材は、柔らかくなめらかな肌触りのため、肌が擦れてチクチクするなどの刺激を感じることがありません。伸縮性やホールド力などの機能面においてもしっかりしているうえ、肌への刺激の優しさも兼ね備えています。摩擦による肌へのダメ-ジを実感している方は、直接触れる部分だけ綿素材であるナイトブラでも良いでしょう。

自分に合った配合の綿混生地を選ぶ

ナイトブラは、化学繊維と綿がどれくらいの割合で配合されているかによっても機能性の優先度が異なります。

ナイトブラに配合されている化学繊維は、ポリウレタン・ナイロン・ポリエステルなどがあります。たとえば、化学繊維の割合が高いナイトブラの場合、伸縮性があるためホールド力面の機能が優先されます。一方で、綿の割合が高いナイトブラの場合は、吸湿性が高く肌の摩擦が少ないことが優先されます。どちらを優先的に考えるかは、人それぞれ違いますよね。そのため、自分にとって何が最重要なのかをしっかりと検討し、最適なナイトブラを選びましょう。

立体編みやメーカー独自の編み方、縫製をせず接着しているものなどを選ぶ

ナイトブラを購入する際に、敏感肌の人が気を付けなければならないのは素材だけではありません。縫製方法も重要なポイントです。

ナイトブラの縫製の仕方によって、敏感肌の方でなくともかゆみが出てしまうケースも。そのため、立体編みやメーカー独自の編み方をしているもの、裁縫せず接着しているものなどを選んで、肌への負担を軽減させるようにしましょう。
また、タグが肌と触れることによって、汗をかいた際や動いた際に刺激となってしまう可能性もあります。商品によってはタグを付けず、その代わりにナイトブラ本体に情報を印字するなどメーカーによってはさまざまな工夫がされています。

清潔さを保てるように複数枚購入しやすい価格のものを選ぶ

ナイトブラを着用したあとは、必ず洗濯をするようにしましょう。というのも、敏感肌の方にとって最も大切なことは、「清潔さを保つこと」です。

私たちは毎日汗や老廃物を排出して生活をしていますが、それは思っている以上の量です。ナイトブラは肌に直接身につけるため、それらが全て付着することになります。ナイトブラの清潔をしっかりと保つことが、肌荒れ回避へとつながっていきます。
ナイトブラは1回でも着用したら洗濯をして、清潔な状態を保つようにしましょう。そのため、 毎日ナイトブラを交換できるように、複数枚持っておくことをおすすめします。そのためには、セット割引をしているところやお財布にやさしい価格のものを選ぶようにしましょう。

ナイトブラを着用するとかゆくなる原因とは?

フェルト ハテナ

ナイトブラを敏感肌以外の方が着用しても、肌がかゆくなることがあります。それには、さまざまなケースが考えられます。ここでは、どの部分がかゆいとどんな原因が考えられるか、それぞれ確認していきましょう。

肩のストラップ部分の肌がかゆい場合

肩のストラップ部分の肌かゆみは、過度な締め付けにより起こります。

そして過度な締め付けは、ナイトブラのサイズが合っていない、ナイトブラを正しく着用できていないなどの原因で起こります。肩のストラップの理想的な長さは、ナイトブラのカップ部分にバストのお肉をしっかり寄せて収めた後、ストラップを軽く持ち上げて2~3cm余裕があるくらいと考えましょう。ストラップの長さを調整できると良いですが、ナイトブラはアジャスターが付いていないもののほうが多いです。そのため、ストラップの長さを調整できない場合には、自分のバストに合ったサイズのナイトブラを着用することを心がけましょう。

ホックが当たる部分の肌がかゆい場合

肌がかゆくなる箇所がホックの金属部分だった場合、金属アレルギーによるかゆみの可能性があります。

ナイトブラには、フロントホックタイプや背中ホック、バストトップ周辺にホックがあるものなどさまざまな種類があります。ナイトブラには、ホックが使われていないタイプのものもありますので、自分の体質に合ったナイトブラを着用するのがポイントです。

ブラカップの部分の肌がかゆい場合

バストと直接触れる部分であるブラカップの部分がかゆい場合は、ナイトブラの素材が肌に合っていない場合があります。

人は、夜寝ているときにも汗をたくさんかかいています。その量は、冬場でもコップ1杯分と言われています。そのため、ナイトブラに使われている素材の吸湿性や通気性が悪いと、敏感肌に方はかぶれや湿疹、あせもの原因になってしまうのです。そのため、自分の身体に合った素材選びも重要です。

まとめ

ナイトブラは、選び方次第では敏感肌の方でも快適に着用することができます。今回ご紹介した「敏感肌の方が選ぶ際のポイント」を押さえて、自分好みのナイトブラで夜のバストケアを始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

3,960円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,180円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

LINEの友だち登録で¥1,000OFFクーポンget! 最新情報や限定イベント情報をお届け 友だち登録はこちら TAP

back to index
ページの先頭へ戻る