Angellir

angellir blog

ブラ 敏感肌 選び方

ナイトブラで胸が痛いときの原因と改善方法とは?

ナイトブラで胸が痛いと感じるときの原因とは

ナイトブラを着用していてなぜ胸が痛いと感じるのか、よくある原因としてこちらの理由が挙げられます。

・ナイトブラを付けたことがない
・ブラのサイズが合っていない
・乾燥肌
・産後で授乳をしている
・筋肉痛

これまでナイトブラを着けずに寝ていた人は慣れていないことからも痛みを感じやすくなるそうです。

しかし、あまりにも痛みを感じる場合、サイズがあっていない可能性があります。カップやアンダーがあっていないと締め付けや圧迫から痛みの原因につながります。必ず自身にあったサイズのものを着けるようにしましょう。

また、ナイトブラの着け方も大切です。ナイトブラ購入時のパンフレットや店員さんから正しい着け方をレクチャーしてもらうと安心です。

胸が痛いと感じるときの改善方法

先ほど挙げた胸が痛いと感じる原因の改善方法をご紹介していきます。

ナイトブラを着けたことがない

ナイトブラを着ける前はノーブラで寝ていた場合、解放されていた胸がナイトブラによって固定され締め付けを感じるようになります。
しかし、ナイトブラは本来、締め付け感が少なくリラックスしやすい環境を作るブラですので、慣れてくれば痛いと感じなくなってくるでしょう。

ブラのサイズが合っていない

自分の胸のサイズを測って理解し、ナイトブラのサイズ表と照らし合わせて確認することが大切です。
また、正しく着用できていないと痛みが出ることもあります。
自分に合ったサイズのものを正しく着用しましょう。

乾燥肌

乾燥肌の方や、ナイトブラの素材が合わないと胸が痛いと感じることがあります。
ナイトブラは胸が横流れしないように、しっかりと固定できるよう化学繊維を使っていることが多いです。
乾燥肌の方もそうでない方もしっかり保湿をし、敏感肌の方はナイトブラの素材を確認してなるべく優しい着心地のものを選ぶようにしましょう。

産後で授乳をしている

産後の効果によってバストサイズの変化が起こりやすくなっています。
授乳中は胸が張るので痛みを伴いやすいです。
胸が張ったままの状態を避けてひどいときには冷やすようにしましょう。

筋肉痛

あまりこのケースはありませんが、普段からトレーニングをしている方だと大胸筋が筋肉痛になっていることがあります。

筋肉痛がある状態で着用すると、痛みを感じやすくなることがあるようです。

整体を受ける女性

まとめ

ナイトブラで胸が痛いときの原因と改善法をご紹介していきましたがいかがだったでしょうか。
ナイトブラで胸が痛いと感じる原因は一人一人原因が違います。
きちんとケアを行っていけば痛みの軽減は期待できます。
また、痛いときは無理せず、体に合わせて使っていくことが大切です。胸が痛いからといってナイトブラをあきらめてしまうとバストをしっかりとホールドすることができなくなる可能性もあるので、身体と向きあいながら、ケアを心がけていきましょう。

この記事を執筆した私たちAngellirがバストのお悩みを解決するブラを開発しています。

累計300万枚達成!Angellir売れ筋ランキング

ふんわりルームブラ

4,378円(税込)

ふんわりルームブラBreath(ブレス)

4,620円(税込)

タニマジックデイリーブラ

4,378円(税込)

360°デイリーブラ

4,950円(税込)

ふんわりルームブラ
(パーソナルカラー)

4,378円(税込)

もちあげデイリーブラ

4,950円(税込)

back to index
ページの先頭へ戻る