Angellir

angellir blog

部屋で寝転ぶ女性

ブラの摩擦や肌の黒ずみに悩んでいませんか?

ブラの摩擦って意識したことがありますか?

ブラの摩擦は合わないサイズを着用している時に起きやすく、それが原因でバスト周辺の黒ずみができやすくなるのです。

特に夏の露出が多くなる季節にはひと目に触れる機会も増えますし、それが原因で好きなデザインの水着を着れないなんていうことは避けたいですよね。

本日はブラの摩擦による肌の黒ずみについて、またその予防法などについてもお話していきたいと思います。

ブラの摩擦によって肌の黒ずみができるのはなぜ

指でばつを作る女性

ブラの摩擦によってなぜ肌の黒ずみを引き起こすかと言うと、それには体の防衛反応が関係しています。摩擦による刺激から肌を守ろうとして「メラニン色素」というものが生成され、それと同時に肌の角質層が厚くなります。これを過角化と呼び、肌の黒ずみやくすみの原因になっているのです。

直接肌に触れるブラは上記のような摩擦を起こしやすく、黒ずみの原因にもなりかねません。どうしたらそれを防ぐことができるのか、続いてお話していきたいと思います。

ブラの摩擦による黒ずみを予防する方法とは?

考える女性 下着

①ブラのサイズや素材が合っているか見直す

まずはブラのサイズが自分に合っているのか見直してみましょう。

小さすぎるブラはバストを圧迫してしまいますし、大きすぎるブラはストラップやベルト部分がズレ動き摩擦を引き起こしてしまいます。

次にブラの素材についても見直してみましょう。

体への食い込みがなく伸縮性のある優しい素材がおすすめです。例えば綿やシルクなど。また、レース素材でできたものは肌への食い込みが起きにくいので良いでしょう。

また、ブラのストラップやベスト部分が太めのデザインのものは、圧迫される箇所が分散されるので一点に食い込んで摩擦を起こすというのを防ぐことができます。

気に入ったものがあってどうしてもそれが良いといった場合は、着用回数を少なくするなどしていくらでも摩擦を減らすように工夫しましょう。

②ブラの着用前に肌の保湿ケアを行う

肌は乾燥した状態だとダメージを受けやすくなります。肌表面の角質がはがれやすくなると肌の水分も蒸発しやすい状態となり、どんどん乾燥してダメージを受けやすい肌になるという悪循環ができてしまうので、乾燥する前にできるだけ保湿することが大切です。

冬には油分が多めのオイルやクリームで、ベタつきが気になる夏場には軽めのサラッとしたジェルなどがおすすめです。

いかがでしょうか?ブラの摩擦は意外と気付かないうちに起こっている可能性もあります。バストラインが黒ずんでしまう前に事前に予防することがとても大切です。

back to index
ページの先頭へ戻る