Angellir

angellir blog

ブラ 置き画

ブラが合わないことでバストラインがかっこ悪くなっていませんか?

ブラが合わないとバストラインもきれいに見せることができません。ブラは正しいサイズのはずなのにバストラインはイマイチ・・・

それにはきちんとした理由があります。本日はかっこわるいバストラインを作ってしまうブラについてお話していきたいと思います。

合わないブラ着用によるかっこ悪いバストラインとは?

あなたのブラはどんな動きをしてもしっかりとフィットしていると言うことができますか?サイズはしっかりと測って合ったものを着用しているはずなのに、例えば体をひねった時など動きがあった際に、カップがぱかぱかと浮いてしまったり、カップの中でバストが動いてしまったりしませんか?そのようなブラは例えサイズこそ合っていても、形は自分のバストに合っていない可能性があるので、ブラはサイズだけでなく形やフィット感もしっかりチェックするべきなのです。合わないブラを着用しているということは、揺れなどの外部の刺激からバストを守ることができていないということなので、ブラの役割を果たしきれていないと言えるでしょう。

かっこ悪いバストラインを作る要因とは?

部屋で寝転ぶ女性

・ストラップが長すぎたり短すぎたりor劣化によってよれている可能性もある

・バストサイズが大きいためカップ内でバストが下方向に沈んでしまう

・バストのボリューム不足

・バストが柔らかい

・姿勢が悪い

・卒乳後

・体重が大幅に減った

上記に当てはまる場合は、今着用しているブラが合わないor合わなくなった可能性があります。今一度確認してみることをおすすめします。

イマイチなバストラインで過ごすことのデメリットとは?

疑問 女性

バストはクーパー靭帯というものによってその重みを支えていますが、これは重みや揺れなどの外的要因で伸びたり切れたりしてしまうものです。年齢を重ねると、クーパー靭帯にも長年の負荷が積み重なることは避けては通れません。しかし、前述したように合わないブラをしていることによって、バストは揺れ動きやすく重みを支える力もしっかりと機能してくれないため、クーパー靱帯への負担を大きくして

しまうのです。これらの事態をなるべく防ぐためにも自分のバストに合ったブラを着用することは大切です。いかがでしょうか?ブラを何となくのサイズやデザイン性で選んでいる人は意外と多いかもしれませんが、きれいなバストラインを保つためにもきちんとしたブラ選びは大切です。これを機にブラを見直す機会にしてもらえたら幸いです。

 

back to index
ページの先頭へ戻る