- 2021.03.01

アンジェリールが生まれるまで。ルームブラ開発秘話

アンジェリールはどのようにして生まれたのか? ブランドの成り立ちから、ふんわりルームブラが生まれるまでの背景や裏話、これからの展望についてを、アンジェリール開発部にインタビューしてみました。

——まず始めに、アンジェリールというブランドはどのようにして生まれたブランドなのでしょう?

アンジェリールは、もともとは美容医療の観点から生まれたブランドなんです。豊胸手術後の患者さんは、術後しばらくの間バストを固定するサポートブラを着けるのですが、可愛いデザインのブラがないことを嘆く患者さんが多いということを知ったのが「ふんわりルームブラ」の生まれるきっかけになりました。

着けるのが楽しくなる可愛いデザインとしっかりバストをケアできるサポート力を兼ね備えたブラがあれば、そのような方々にも喜んでもらえるのではないかと考え、商品化したのがアンジェリールのふんわりルームブラです。当初は、寝ながらバストをケアできる“ナイトブラ”として打ち出しました。

——商品化に至るまでには、どんな苦労がありましたか?

ナイトブラとしての機能を果たすために、寝るときの快適さにはすごくこだわりました。
ホックが後ろではなく前についているのも寝たときに背中にホックが当たらないようにするためだったり、肌の当たりが優しいレースや素材を何パターンも作り直したり。
とにかく『こんな要素があったらいいな』と思うものは詰め込めるだけ詰め込んでいくイメージです。

ただ、あまりにリラックス感を求めすぎると補正力が弱まってしまうので、良い所どりのちょうど良いバランスを取るのにもかなり時間を費やしました。
何回もスタッフで試着を繰り返し、デザイン性とホールド力、着け心地を納得のいくレベルになるまで改良を重ねました。

──実際に商品を販売してからはどのような反響がありましたか?

発売してからは、予想以上にたくさんの反響を頂いて驚きました。すぐに在庫がなくなってしまい、早急に追加生産を行いましたが、在庫切れの期間も沢山のご注文をいただいていた為、商品のお届けまでに長い期間お客様をお待たせしてしまったほどでした。
当時はまだナイトブラというものが目新しかったこともあり、興味を持って買ってくださるお客様も多くいらっしゃいました。

気に入ってリピート購入してくださるお客様も徐々に増えてきたのですが、色々なお客様の声を聞いていくうちに、様々な悩みやニーズがあることに気付きました。
発育期の方、年齢や妊娠・出産により胸の形が変わった方、大きさや小ささに悩んでいる方。本当に様々な年齢とライフステージのお客様がいらっしゃいます。
ふんわりルームブラはどんなお客様にも使って頂ける商品ではありますが、「全ての女性を幸せに」というブランドのコンセプトを叶えるためには、もっと深いニーズに寄り添う必要がありました。

そこで、ふんわりルームブラの魅力を活かしながら様々なニーズに応えるブラを別商品として開発していく方向に舵を切ったんです。大人女性の体をサポートする「凛とルームブラ」、夏でも快適に過ごせる「ふんわりルームブラ ブレス」、日中や外出時に着けられる「360°デイリーブラ」などを順次発売し、現在に至ります

——様々な新商品が生まれる中で、アンジェリールがブランドとして大切にしていることはありますか?

心がけているのは、着けると自信が持てるような、ポジティブな気持ちが生まれる商品作り。
ただ悩みやコンプレックスを解決するためのものではなく、ファッションやジュエリーのように自分に自信をもたらしてくれるような、輝かせてくれるアイテムとして身につけて頂きたいという想いがあります。

たまに間違われることがあるのですが、アンジェリールのブラは“バストアップブラ”ではないんです。胸の悩みのほとんどは、正しい位置に戻すことで解決できる場合が多く、アンジェリールのブラが果たすのはあくまでそのサポート。
アンジェリールのブラを着用してから「谷間ができた」「カップのサイズが上がった」という声をたくさん頂きますが、実際にはそれは、みなさんが本来持っているものなんです。

自分が本来のあるべき姿に整えることで、自信がついて、笑顔になれる。
そのきっかけとなる商品をお届けできたらと思っています。

——今後、アンジェリールとして取り組んでいきたいことなどがあれば教えてください。

お客様とコミュニケーションを取りながら課題として感じたのが、ブラに関して間違った知識を持った方がとても多いということ。正しいサイズで正しい着け方をしている方はごく一握りという状況なので、このままでは胸に悩みを抱える女性は減りません。
女性たちの下着のリテラシーを上げていくことも、私たちの使命でもあると考えています。

また、ルームブラの認知度は一般的なブラに比べるとまだまだ十分ではありません。ですが、ルームブラを着けることで美しくなれることを私たちは知っているので、もっともっとたくさんの人にルームブラの魅力を知ってもらいたいです。
日本中の女性がルームブラを当たり前のように着けるようになって、女性みんなが自分に自信を持てるような世の中になったら嬉しいですね。